肩マスターへの道vol.3~胸鎖関節~

どうも、サクです。

 

本日は肩マスターへの道、第3段「胸鎖関節」です。

 

それでは、今日も一緒に勉強しましょう。

 

<目次>

◎胸鎖関節
1.骨の話
 ・胸骨
 ・鎖骨
2.関節の話
 ・どんな関節?
 ・どんな動き?
3.靭帯の話
 ・種類と役割

 

1.骨の話

<胸骨>

  • 扁平骨
  • 前にふくらみ、外側にいくつかくぼみがある
  • 胸骨柄、胸骨体、剣状突起の3つに分かれる

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

胸骨はからだの中心にある少し分厚い骨です。

 

心臓マッサージのするときに手を押さえる部分としても知られていますね。

 

この骨は平らな形であり、扁平骨と呼ばれています。

 

前の部分に少しふくらみがあり、外側には肋軟骨と肋骨がつくため、

 

へこんでいます。

 

また3つの骨で作られています。上から
・胸骨柄(きょうこつへい)
・胸骨体(きょうこつたい)
・剣状突起(けんじょうとっき)

といいます。

 

この3つの骨は軟骨によってつながっています。

 

 

<鎖骨>

  • S字状
  • 長さは12~15cm
  • 両端の形はサドル上
  • 両端に関節円板をもっている
  • 内側は胸骨端、外側は肩峰端と呼ぶ

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

鎖骨はS字状の骨で、その長さは12~15cmです。

  

両端は自転車のサドルの様な形をしています。

 

骨の端には関節円板という軟部組織が付いており、
・接着剤
・クッション材

の役割があり、例えると入れ歯安定剤のようなものですね(笑

 

鎖骨の内側は胸骨端、外側は肩峰端という名前がついています。

 

 

 

2.関節の話

<どんな関節?>

  • 鞍関節
  • 2軸~多軸性
  • 関節円板が存在
  • 機能的な球関節
  • 関節包は柔らかい
  • 複数の靭帯が動きを制限
  • 上肢と体幹をつなぐ唯一の骨

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

この関節は、胸骨と鎖骨により作られています。

 

関節の種類は鞍関節(あんかんせつ)に分類されます。

 

鞍関節とは…

鞍関節

 向かい合っている2つの関節面の形状が、ともに馬の鞍のような双曲面で、互いに交わるように位置している。つまり、どちらの関節面にも凹面と凸面の湾曲が見られ、一方の横径が凸、縦径が凹であれば、もう一方の横径は凹、縦径は凸となっている。これら2つの径を軸とした二軸性の関節である。

編:市橋則明 身体運動学より

と書いてありますが、

 

ざっくりいうと関節面がデコ・ボコで、USBみたいにカッチリはまる関節です。

 

しかし、丸みをもっているので柔軟に動きます。

USBは動いてしまったら大変ですからね…。

 

この関節の軸は上下・左右の2方向に動く、2軸性とされています。

  

ところが、関節円板をもち、ある程度自由に動けるような作りをしています。

 

そのため、球関節(多軸性関節)と同じような機能をもち、

 

自由度の高さを補うため、関節包という組織に守られています。

 

胸鎖関節の関節包は、他の関節包と比べてゆるい特徴をもっています。

 

この関節は上肢と体幹をつなぐ唯一の関節であり、

 

動きすぎて損傷しないよう複数の靭帯で支えられています。

 

 

<どんな動き?>

胸鎖関節の動きは
・挙上・後退・後方軸回旋
・下制・前進・前方軸回旋

です。

 

挙上・後退・後方軸回旋とは、例えるなら

一度すわり、その場から立って一歩下がって後ろにでんぐり返しする

 

というイメージです。

 

ここも肩甲上腕関節と同じ、上がりながら下がっていきます。

  

下制・前進・前方軸回旋とは、

座りから、うつぶせをとりほふく前進して前転(前回り)する

 

なんとなく分かっていただけましたでしょうか。

 

この点を説明するなら動画が良いですよね…。

 

 

3.靭帯の話

<種類と役割>

胸鎖関節にかかわる靭帯は

  • 肋鎖靭帯
  • 鎖骨間靭帯
  • 前・後胸鎖靭帯

 

肋鎖靭帯は、鎖骨の下第1肋骨をつないでいます。

 

この靭帯があることで、腕を上げるときに鎖骨が引き上がりすぎないように、

制限をかけてくれています。

 

鎖骨間靭帯は、両方の鎖骨をつないでいる靭帯です。

 

この靭帯は、
・衝撃の緩和
・動きの制限

に役立っています。

 

前・後胸鎖靭帯は、胸鎖関節を支える靭帯です。

 

前と後ろにあることで前後の動き、左右の動きをより強く制限していることが

分かると思います。

 

 

 

ということで、本日の勉強はここまでです。

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

肩マスターへの道vol.3~胸鎖関節~」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください