1年目の神経解剖学~小脳基礎編~

今回は神経解剖学というテーマで「小脳」についてお話します。

 

<目次>
3つの小脳
 ・脊髄小脳
 ・前庭小脳
 ・大脳小脳
小脳の3つの脚
 ・下小脳脚
 ・中小脳脚
 ・大小脳脚

 

なぜこのテーマになったかと言うと、

現在介入中の患者さんを通じて、もう一度基本に立ち直ろうと思ったのことが

きっかけです。

 

基本に立ち返ることで、新しい介入方法や質の高い臨床推論を

立てることができるようになると思います。

 

小脳は大きく分けて

  • 半球
  • 虫部
  • 片葉

 の3つに分かれます。

 

その3つが目次にある小脳の役割を果たしています。

 

【脊髄小脳】

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

 <役割>

  • 姿勢の制御
  • 四肢の運動制御

に関与します。

 

<ルート>

固有感覚→脊髄小脳路

→①小脳虫部(頭頸部・体幹)→室頂核→網様体

→②小脳半球内側部(四肢)→中位核→赤核、視床(VL核)

 

【前庭小脳】

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

<役割>

  • 平衡感覚
  • 眼球運動制御

に関与します。

 

<ルート>

前庭神経核→下小脳脚→片葉・小節葉

 

【大脳小脳】

ヒューマン・アナトミー・アトラス2021より

<役割>

  • 運動の企画
  • 運動の開始
  • 運動のタイミング

これらの調整に関与しています。

 

<ルート>

(反対側の)大脳皮質→橋核→中小脳脚→小脳半球外側部→歯状核

→①赤核小細胞部

→②視床VL核

 

続いては小脳を繋いでいる3つの脚(あし)についてです。

 

【下小脳脚】

<連絡>

脊髄、延髄、小脳

 

<役割>

求心性と遠心性の両方の軸索を含む。

小脳への入出力系に関与している。

 

【中小脳脚】

<連絡>

橋と密に関わる。

 

<役割>

求心性軸索のみ。

小脳への入力系の経路である。

【上小脳脚】

<連絡>

小脳、中脳、間脳

 

<役割>

主に遠心性軸索をもち、小脳からの出力系の経路である。

中脳下丘で交叉することが特徴。

 

学生のうちは「小脳=運動学習」という認識が強いです。

 

しかし、小脳には部位別に役割があり、そのどれもが学習につながっている、

 

という理解をしてから「小脳=運動学習」という認識を持ちましょう。

 

本日はここまで。

 

いつもより少し短めにしてみました。

 

また次回の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください