サクッと医療Vol.12〜だ液のチカラを学ぶ!

今日は”だ液のチカラ”についてお話します。

 

以前のツイートでもお伝えしましたが、だ液には殺菌作用があるんです

またその他にも大切な機能が備わっています。

 

未知のウイルスとの戦う上で知っておいた方がいいだ液の知識について

一緒に学びましょう!

 

<目次>
○だ液を知る
 ・だ液チェックリスト
 ・だ液の効果
○だ液を使う
 ・だ液の出し方
 ・だ液の質を上げる

 

○だ液を知る

まずはだ液について知りましょう。

唾液は”血液”から作られます。

 

つまり血液の状態が「だ液」の状態を決めるんです。

そこで今からだ液をチェックする方法をお伝えします。

 

だ液チェックリスト

ここではだ液を知るためにいくつかのチェック項目をお伝えします。

著:槻木恵一 唾液サラネバ健康法より(一部改定)

これはだ液の量を調べるチェックリストです。

口が乾くと口内細菌も繁殖しやすく、口臭や歯周病の原因となります。

 

著:槻木恵一 唾液サラネバ健康法より(一部改定)

これはだ液の質をチェックする項目です。

だ液は量と質の両方のバランスが重要なんです。

 

だ液の効果

ここではだ液の効果について簡単にまとめます。

 

だ液の効果は
 ✅殺菌作用
 ✅抗酸化作用
 ✅腸内環境を整える

 

大きく分けてこの3つです。

量を増やし質を高めることで3つの効果を何倍も高めて

自分のカラダを守りましょう!

 

○だ液を使う

ここではだ液を戦略的に使う方法について学びましょう!

 

だ液の出し方

だ液は
舌下腺ぜっかせん
顎下腺がっかせん
耳下腺じかせん

の3つから作られ、分泌されます。

 

この3つの部分をやさしくグリグリと動かすと、唾液が出やすくなります。

 

だ液の質を上げる

だ液の質を上げるためには”習慣”と”食べ物”が大切です!

 

ポイントは3つ!
・ヨーグルトを食べる
・海藻、根菜類を食べる
・早歩きやヨガなどの軽い運動をする

 

この3つでだ液の質を高めて、強く健康なカラダを手に入れましょう!!

 

今日はここまで、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう。

サクッと医療Vol.11〜エビングハウスの忘却曲線って?

どうも、サクです。

 

今日は”エビングハウスの忘却曲線”をテーマにお伝えします。

 

エビングハウスの忘却曲線とは

人が何かを学んだあと、時間の経過とともに記憶したことが

どれだけ頭に残っているかをグラフで表したものです。

 

これを以前ツイートでまとめました。

つまり、勉強しても1時間後にはその内容の半分を忘れてしまっている

という事実があります。

 

今回はこの対策をお伝えしたいと思います。

<目次>
当日にやること
 ・重要部分の見直し
 ・早く寝る
翌日やること
 ・早起きする
 ・昨日の復習

 

○当日にやること

まずはセミナーや勉強会の後に行うことについてです!

重要部分の見直し

勉強会から帰ってきたらまず、今日の重要部分のみ復習しましょう。

 

オススメの時間帯は寝る直前!

寝る前に記憶したものは翌日まで残りやすいです。

 

さらっと30分ほど見直しでの復習をしたら眠りにつきましょう!

 

早く寝る

ここが最重要です!

 

セミナー、勉強会から帰ってきた日はできるだけ余計な知識入れずに

早く寝ましょう!!

 

上にも書いたとおり、人の記憶は睡眠直前のものほど強く残ります。

 

そのため、寝る前に動画やゲームをするのは最悪です。

その日の知識が全て持っていかれてしまいます。

 

何かを学んだらその日はなるべく早く寝ましょう!

 

○翌日やること

続いては勉強会の翌日にやること!

ここを制することで勉強会の価値が倍増します!!

 

早起きする

翌日はここが”キモ”です!

 

なるべく早い時間に起きてください!

目安は5時、遅くても6時には起きましょう。

 

朝は記憶が整理されて、頭の中に知識のスペースがあります。

そのため新しいことや復習内容がどんどん入ります。

 

朝活が流行り出している今、朝の時間を有効に使わないのはもったいないです!

早く起きて、効率よく、知識をインプットしましょう!

 

○昨日の復習

もうすでに書いていますが、ここでは復習のやり方をお伝えします。

 

前日の復習は、サラッと重要部分を読むだけでしたね。

 

翌日の復習は
・重要部分を書き出す
・問題があれば問題を解く
・情報としてアウトプットする

 

この3つをやりましょう!

書き出すこととアウトプットは同じですが、アウトプットには

SNSを活用したほうが良いです。

 

SNSは何かしらの反応をもらえ、感情として記憶に定着させるためです。

 

記憶には
・体験
・感情
・言語化

が有効とされています。

 

そのため翌日にはその3つをフル活用して、最強の復習をやっちゃいましょう!

 

今日はここまでです。

また次回の記事でお会いしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サクッと医療Vol.10〜眠りを武器にする

どうも、サクです。

 

今日は眠りについてサクッと学んでいきましょう!

 

日々の眠りを次の日の武器に変えるには次の2つが重要です!

・早く寝る
・仮眠をとる

この2つがなぜ良いのか、短くまとめます。

 

睡眠を考える上で大切なことは位相いそうと呼ばれる、睡眠のリズムを意識することです。

 

この位相を規則正しく整えるために早寝と仮眠が大切なんです。

では、本編どうぞ!

 

<目次>
早く寝る
 ・朝活できる
 ・終わりが決まる
仮眠をとる
 ・午後からもトップギア
 ・脳の休息

○早く寝る

早く寝ることはなぜ良いのか。

その理由をお伝えしますね。

朝活ができる

朝活とはその名の通り、朝に活動することを言います。

では何時からが良いのか?

 

人によって様々ですが、私は5時台から活動しています。

朝5時に起きて
・読書
・筋トレ
・資格勉強
・インスタ用図解作成

などをしており、6ヶ月継続できています。

 

朝活のメリットは
・静かである
・脳の疲れがない

この2つが大きいと思います。

 

早朝は物音が少なく、集中力がバツグンに発揮できます!

またテレビもニュースくらいなので余計な誘惑がありません。

 

そして1日の始まりなため、脳が疲れていない”全快”の状態から

スタートできます!

やってみると分かりますが、信じられないくらい頭に入ります。

 

終わりが決まる

ここも重要で、起きる時間を前もって決めていると夜更かししなくなります。

 

夜更かしはメリットが少なく、頭も働いていないので

何か作業するにしても効率が悪いです。

 

寝る時間を決めれば、自然と効率の良い方法を自分で考え動くようになります。

 

そのため仕事中の働き方にも違いが出てきます。

寝る時間と睡眠時間の確保を最優先に考えることで、

私生活に変化が出てきます。

 

そういった意味でも終わりを決めることは重要なんですね!

 

○仮眠をとる

仕事で忙しいあなた、仮眠はとれていますか?

今から仮眠の重要性とその効果についてお伝えしますね!

 

午後からもトップギア

近年、仮眠が重要視されていることはご存知でしょうか?

 

仮眠はその後のパフォーマンスを向上させ、生産性を爆上げします。

 

仮眠をとるタイミングは人の眠気が出る前です。

人の眠気は1日のうち2回あり、起きてから”8時間後”と”22時間後”です。

 

6時に起きている人であれば、午後2時と朝方4時です。

そこでお昼の時間に仮眠をとればOKですね!

 

仮眠の方法は
・目を閉じる
・時間は1〜30分
・頭を心臓より高く

 

この3つを守って正しく仮眠をとってくださいね!

 

脳の休息

また、仮眠で目を閉じるとこは脳を休めることにも繋がります。

 

脳に入ってくる情報の8割は視覚からと言われているので

目を開けていることは脳にとってかなりの負担になります。

 

仮眠の時間が30分も取れないなんて人は1分でも良いです。

目を閉じて、深呼吸をして脳を休めましょう!

 

これで明日からあなたのパフォーマンスと生産性が爆上がり間違いなし!!

 

今日はここまでです。

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

サクッと医療Vol.8〜”めまい”を防ぐ

どうも、サクです。

 

今回のテーマはこのツイートから

こちらの内容を掘り下げてお話ししようと思います。

 

<目次>
めまいを起こす原因
 ・フワッとする
 ・グルグルする
めまいが起きないために
 ・めまいの予防法
 ・受診で伝えることは2つ
まとめ⬅︎時間泥棒対策!!

 

めまいはいきなり起こるから怖い。

 

でも、起きる原因とタイミングさえわかれば対策できます。

まずは、めまいが起きてしまう原因についてサクッと学びましょう。

 

○めまいを起こす原因

めまいを起こる原因は色々あります。

しかし、大きく分けるとこの2つ。

 

それぞれお伝えします。

 

フワッとする

このフワッとするめまいは「浮動性ふどうせいめまい」と呼ばれています。

体が浮いている様な感覚になりやすく、力も入りません。

<原因>

脳や脊髄のいろいろな感覚がズレることで起きます。

本来は起こらないことですが、以下のような状態が原因で起きやすくなります。

  • 貧血
  • 低血糖
  • 肩こり(筋緊張異常きんきんちょういじょう

 

グルグルする

続いて、グルグルするめまいは「回転性かいてんせいめまい」と呼ばれます。

言葉どおり”目が回る”状態です。

<原因>

  • 血管性
  • 前庭神経炎
  • 良性発作性頭位りょうせいほっさせいとういめまい症(BPPV)

血管性は脳血管障害の可能性も考慮しなくてはなりません。

それを知るポイントも後でお伝えします。

 

番外編

ここでは番外編としてもう一つの原因をお伝えします。

それは”前失神ぜんしっしん”(失神しそうなめまい)のことです。

 

<原因>

  • 脱水
  • 不整脈
  • 起立性低血圧

などが挙げられます。

意外と多いめまいだと思うので、治療家の方は頭に入れておきましょう。

 

○めまいが起きないために

原因はなんとなく分かりましたね。

次はめまいを予防するために必要なことと、医師に見てもらう際に

話しておくと診察がスムーズになる内容についてお伝えします。

 

めまいの予防法

ツイートでもお伝えしたとおり、めまいの原因は日々の習慣にもあります。

普段の生活を見直すことで解決できる”めまい”もあるんです。

 

ここでは日々の生活の改善点を3つお伝えします。

  • しっかり眠る
  • ストレスを発散する
  • 目を休める、目を閉じる

 

しっかり眠るとは睡眠時間だけではありません。

睡眠の””にもこだわりましょう。

睡眠の質を上げる話はまた別の記事で書こうかと思います。

 

ストレスを発散できない方もいるでしょう。

そんな人にオススメなことは「新しい挑戦をする」ことです。

 

何でもいいんです。

早く起きるでも、決めた時間に食事を食べるでも、寄り道をして帰るでも

ストレスは悪いものではありません。細胞に刺激を与えてくれるものです。

 

なので、悪いストレスを良いストレスに置き換えるということが

ポイントになります。

 

1日の中でまばたきしてる回数は約2万回。

しかし、スマホやタブレットの普及でまばたきする回数が減り、

目を休める機会も減りました。

 

そこで、自分で目を閉じる習慣を作ってみてください!

オススメはお昼休憩のとき。

何も考えず、ただ目を閉じることのみに集中する。

びっくりするくらいスッキリします。

時間の目安は1分くらいでOKです。

 

受診で伝えることは2つ

医師に伝えるときにこの2つを伝えてください。

  • めまいの続く時間
  • 何をしたら”めまい”が出るか

 

一回のめまいがどのくらい続くか。

数分なのか、数時間なのかによって原因が異なります。

 

また何をしたらめまいが出るかも重要です。

寝返りしたとき、振り返ったときなどの動作で出るのか、

立ちくらみの様な感じなのかでも原因が分かれます。

 

あれこれ言うと原因を絞るのに時間がかかります。

まずはこの2つを伝えてみてください。

 

まとめ

  • めまいは2種類ある
  • めまいの予防には習慣を見直す
  • 対策は「よく寝る」「新しい挑戦」「1分目を閉じる」
  • 受診の時は”めまいの続く時間”、”何をしたらめまいが出るか”を伝える

今回の記事は以上になります。

本日も読んでいただき本当にありがとうございました。

 

また次回の記事でお会いしましょう。

サクッと医療Vol.7〜夜の腸活

どうもサクです。

本日のテーマは「腸活」です。

以前こんなツイートをしました。

このツイートも自分の中では反応が良かったので、今回も掘り下げていきます。

 

<目次>
寝る前のルーティンを作る
 ・夜の食事は7分目
 ・お酒と水はセットで
 ・「疲れてるとき」こそお風呂に入る
敵か味方か「BMAL1」
 ・敵になるとき
 ・味方(?)になるとき

 

○寝る前のルーティンを作る

朝と夜にルーティンを作ると1日がスムーズに進みます。

昼間は仕事で頭を働かせなくちゃいけないので、

その他の時間はできれば頭を休めたいですよね?

 

今回は「夜のルーティン+腸活」についてお話しします。

 

夜の食事は7分目

これはよく言われますけど、中々守れないですよね…

ついつい食べすぎてしまう。

そしてお腹がいっぱいの方がよく眠れるんじゃないか、とも思いますよね。

 

実はお腹がいっぱいだと睡眠の質は下がります。

そして質が下がると睡眠時に出るホルモンの量が低下します。

代表例は
・メラトニン
・成長ホルモン

 

特に成長ホルモンは代謝を整えれくれたり、肌をキレイしてくれる効果も

あるため、減ってしまうのはもったいない…

 

夜食べる分を少し減らすだけで
・きれいな肌
・痩せやすいカラダ

が手に入るんだったら、どうですか?

今日からぜひ「腹7分目」の生活を!

 

お酒とお水はセットで

夜にお酒を飲む方も多いと思います。

オンライン飲み会なんかもブームになりましたからね。

 

そこで翌日の朝をスッキリさせるための秘訣をお伝えします!

それはお酒とお水を1:1の割合で飲むこと。

 

お酒には利尿作用があり、カラダから水分が抜けていってしまします。

そこから、さらにお酒を追加しても出ていく量が増えるだけです。

 

カラダは90%が水分ですから、足りなくなると
・頭痛
・めまい
・吐き気

などの症状が現れます。

そう、「二日酔い」ですね。

 

そのため、できればお酒と同じ量の水をチェイサーとして飲みましょう!

二日酔い対策にもなりますし、適度に酔えます。

 

「疲れてるとき」こそお風呂に入る

「疲れたから今日はシャワーだけにしよう」こんな日ありますよね?

ですが、疲れた時こそお湯に入りましょう。

入浴には
①温熱作用
②浮力作用
③静水圧作用

 があり、これらが眠りやすいカラダに整えてくれます。

 

睡眠の質を上げるにはリラックスし、体温を上げておく必要があります。

シャワーだけでは温度が上がりきらず、上手に寝付けません。

 

そこで40℃程度のお湯に10〜15分入ってカラダを温めましょう。

その後はストレッチでもして徐々に体温を下げながら、寝室へいきましょう。

 

○敵か味方か「BMAL1」

これは体の中にある「時計遺伝子」が作るタンパク質の一つです。

ツイートでは”ホルモン”と言いましが、正しくはタンパク質です。

このタンパク質は時間帯により、敵にも味方にもなります。

 

敵になるとき

夜のどか食いは舐めた方がいいのか?

「太りやすい」「カラダに良くない」そんな曖昧な知識では

結局よくわからないからどか食いを辞めませんよね?

 

結論から言うと、夜のどか食いは睡眠の質を下げ痩せにくいカラダとなり、

脂肪を溜め込みやすくなります。

 

脂肪を溜め込む原因は、夜9時〜深夜2時ごろに増える

BMAL1というタンパク質です。

 

このタンパク質の作用がカラダに脂肪を溜め込むというものです。

夜に食べすぎると、それはそのまま脂肪へ…

 

では、いつ食べたらいいのか?

それは「朝」です!

朝はいくら食べても問題なしです!食べるペースは一定でどか食いは厳禁!

しかし、量はいくら食べても大丈夫!

 

なので、夜は控えめにして、お腹を空かし、朝たくさん食べましょう。

 

味方になるとき

上でお伝えした「BMAL1」は深夜2時に増えます。

しかし、減る時間もあるんです!

 

それはお昼過ぎの14時ごろ

なので15時のおやつを少し早めに撮るのがポイントかもしれませんね。

 

おやつで万能なものは「ナッツ」もしくは「ドライフルーツ」。

低糖質で、急激な血糖の上昇もないので午後のパフォーマンスも下げません!

 

早めにおやつをとって、脂肪を溜め込まないように対策しましょう。

 

先人たちはこの様なデータがなくても「いつ」「何を」食べたらいいのかを

考えて編み出してきたのだから本当に凄いと思います。

 

今日はここまで!

本日も読んできただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

イライラの原因3つと対策

今日はイライラする原因とその対策についての話をします。

 

今日も天気がよく外出日和ですね。

 

こんな日は散歩やお出かけをしたいところです。

 

ずっと家にいるのもストレスが溜まってしまいますよね。

 

わたしも外に出かけるのが好きなので、出かけられないこの状況は本当にストレスになっています。

 

ストレスが溜まるとイライラしたり、怒りやすくなります。

 

怒りはさらなるストレスを生み、過度なストレスは免疫力の低下につながります。

 

日頃の免疫を高めるためにも怒らないような習慣を作りましょう。

 

<目次>

1.イライラの原因は3つの「不」

1)不安
 ・お金
 ・仕事
 ・漠然(先が見えない)
2)不満
 ・
 ・モノ
 ・時間
3)不調
 ・カラダ
 ・メンタル

2.まとめ

 

この3つの「不」は茂木健一郎さんが書いた【もうイライラしない!怒らない脳】の一部に書かれています。

 

私のインスタグラムで書評としても取り上げました。

 

しかし、今回の内容は本の内容とはあまり関係ありません。

 

私個人の見解を述べています。

 

1)不安

この不安には3つの原因があります。

  • お金
  • 仕事
  • 先が見えない(漠然)

<お金>

これは誰もが感じる【目に見える】不安です。

 

お金は増えたり減ったりが、確認しやすく分かりやすいです。

 

そのため減り続けていくことに対しては大きな不安が生まれます。

 

特にいまの時期、仕事を失った人やアルバイトの日数を減らされた人は

 

大きく収入が下がります。

 

ですがそれは収入源が【労働すること】だけになっているから。

 

お金の解決策は収入源を複数作ること。

 

【1つがだめでも、もう1つある】

 

これが心の余裕を作り、イライラを予防できます。

 

具体的な副収入の作り方は

・物作り
・ブログ
・積み立て投資

このあたりから始めてみてはいかがでしょう。

 

いま積み立てはポイントからでも始められますから、怖い方はここから始め

 

やり方を学ぶのも1つです。

 

ブログの初め方も今はネットで調べられます。

 

物作りは触れる物でなくても自分の知識、ことば、動画など何でもいい時代になってきています。

 

まずは行動して、収入源を複数作れるようにしてみましょう。

 

<仕事>

これも【目に見える】不安ですね。

 

仕事に対する不安は実はすぐ解決できます。

・続けるか
・辞めるか

 

カンタンですよね。

 

先に言っておくと「もし自分がいなくなったら」

 

そんな事を考えるのは無駄です。なぜなら

 

社員1人がいなくなって支障が出るような仕事は

 

遅かれ早かれ先はありません。

 

きちんと引き継げるシステムがあるところは残っていく会社です。

 

脱線しました。続けるか辞めるかを決める上で基準となる考えがあります。

 

それは【今の職場でもっと成長できるか】

 

これだけです。

 

私は仕事とは人生を豊かにするものだと思います。

 

仕事に縛られ、人生がつまらない。それでは本末転倒です。

 

何のために仕事をしているのか、それを考えるにはいい機会だと思います。

 

<先が見えない(漠然)>

この不安は結構多いと思います。前の2つと違い【目に見えない】不安です。

 

【目に見えない】不安に対する答えを先に言います。

 

目に見えない不安を考えることは時間の無駄です。やめましょう。

 

1つだけこの不安をなくすポイントを話します。

 

それは【やりたいことを明確にすること】です。

 

やりたいことがある人は漠然とした不安はありません。

 

なにをしたら良いか分からないから理由もなく不安になるのです。

 

働きながら自分は何をしたいのかこの機会に考えてみましょう。

 

2)不満

不満には大きく分けて

  • 時間

<人>

人に対しての不満を感じるときは主に立場の違いでしょう。

①上司と部下
②従業員と客

 この2パターンで考えてみましょう。

①で不満を感じる原因は【仕事のやり方】、【労働時間】、【信頼】

 

このあたりではないかと思います。

 

仕事のやり方と労働時間は作業効率を高めることで解決できます。

 

その際、上司は【部下の仕事量を把握しておくこと】です。

 

部下の仕事量を把握しておけば、時間の使い方に対して助言できます。

 

また部下は上司に自分の仕事の内容に対して意見すべきです。

 

その時は以下を意識してください。

・時間のかかる作業のリスト化
・作業効率を上げるための提案
・効率改善することでのメリット

 

これを伝えましょう。間違っても怒鳴り散らすことはせず、冷静に意見を言いましょう。

 

②で不満を感じる原因は【対応】もしくは【時間】のどちらかです。

 

そもそも従業員は雇われている身ですから、

ここに不満を持つのがそもそもの間違いです。

 

対応への不満は【マニュアル化】されていないことが理由です。

 

マニュアルがあれば自然と対応が決まります。

 

この対応がトラブルのもとになった場合、マニュアルを見直す、

もしくは作れば良いのです。

 

そして研修をきちんと行う。これが対策になります。

 

もう一つは、時間。

【待ち時間】、【提供時間】など日本は特に時間に追われた生活をしています。

 

この時間の解決策は具体的な時間を前もって伝える

 

これだけです。

 

私の体験では、患者さんに待っていただくときに

「ちょっとお待ち下さい」とは絶対に言いません。

 

ちょっと、は人によって程度が変わるからです。

5分の人もいれば30秒の人もいるでしょう。

 

そのため「2,3分お待ち下さい」「10分ほどお時間いただきます」などと

先に伝えてしまうことで、待ってくれるかどうかの選択権を与えます。

 

「ちょっと待って下さい」は一方的で、

「○分かかりますが、お待ちいただけますか」では相手が待ってくれるかどうか

以前に確認ができるわけです。

 

今日から「ちょっとお待ち下さい」は卒業しましょう。

 

<モノ>

モノに対しての不満の原因と対策はただ1つ。

 

衝動買いをやめる。これだけです。

 

衝動買いは【ストレスに始まりストレスを生むもの】ですから

絶対にやめましょう。

 

買い物は慎重に、今買おうとしているものは今すぐ必要かどうか。

一度冷静になりましょう。そうすることでイライラも収まります。

 

<時間>

時間による不満の原因と対策は1つ。

【予定とのズレ】を減らすこと。

 

本当は減らす、を無くすと書きたいくらいです。

 

時間による不満を持つ場合、多くは自分に余裕がないときです。

 

それならば余裕をもたせましょう。

【具体的には何も予定のない時間を作る】ことです。

 

予定に追われている人ほど、その時間とのズレにイライラしてきます。

 

仕事にイレギュラーはつきものですから、

常にイレギュラーを想定し、余裕を持って仕事をするようにしましょう。

 

もし仕事に余裕を持てなければ、

先ほどの不安の項目に戻ることをオススメします。

 

対策は1つと書きました。しかし、もう1つだけ言わせてください。

それは

 

ルーティンを作ること。つまり習慣作りです。

習慣を作れば大体の時間が決まってきます。

 

〇〇には何分、●●には何分かかるから、何時までには□□をしよう。

と予定が立ちやすくなります。

 

また習慣化すると物事を考えるときに無駄なエネルギーを消費しませんから

効率も上がり、ストレスも減ります。

 

何かしらのルーティンを作りましょう。

 

3)不調

不調は大きく2つに分けられます。

  • カラダ
  • ココロ

<カラダ>

カラダの不調は本当にさまざまで、原因と対策も数多くあります。

 

しかし、ここで言いたいことは1つです。

 

早く寝る、これだけです。

 

現代人は仕事で疲れたカラダに、更にムチを打つかのごとく

スマホやパソコンで脳を披露させます。

 

その結果、睡眠の質は低下し、疲れが取れない体となり不調をまねきます。

 

早く、良く寝るための私のルーティンをご紹介します。

  • 就寝時間を決める(23時)
  • 就寝時間3~4時間前に食事
  • 就寝時間2~3時間前に入浴
  • 入浴後のストレッチ
  • 就寝前まで読書
  • 入眠

 

このルーティンからも分かるように就寝時刻から少なくとも4時間前から

動き出さなくてはいけません。

 

そうなると自然に終業時間が決まり、

時間に合わせた仕事をするようになります。

 

カラダの不調を改善するためには他にも考えることがたくさんあります。

 

しかし、まず睡眠時間の確保、睡眠の質の改善から行ってください。

 

<ココロ>

最後は多くの人が抱えるココロの不調についてです。

 

これも解決策は1つ。

 

先程とほとんど同じ、質の良い睡眠をとること

 

【質の良い睡眠のとり方】

  • 筋トレする
  • 日光を浴びる
  • お風呂に入る
  • 寝る前に深呼吸をする

これだけです。

 

筋トレは【腕立て伏せ1回】これだけ毎日やりましょう。

日光は5~10分できるだけ肌を出して浴びてください。

疲れていても必ず湯船に入ってください。

寝る前は深呼吸をすると副交感神経が優位に働き寝付きやすくなります。

 

快調なカラダとココロを作るには【眠り】から見直しましょう。

 

まとめ

  • 収入源を複数作る
  • 何のために仕事をしているのか考える
  • 目に見えない不安を考えることは時間の無駄
  • 上司は部下の仕事量を把握し、部下は自分の仕事をリスト化する
  • 具体的な時間を前もって伝える
  • 衝動買いをやめる
  • ルーティンを作ること
  • 何も予定のない時間を作る
  • 質の良い睡眠をとること

日頃からイライラしていては人は離れていってしまいます。

 

イライラしない習慣を作り、自粛後の生活も免疫力を保って

 

この危機を乗り越えましょう。

食べるダイエット~レジスタントスターチ~

コロナウイルスのため、外出自粛、自宅での仕事・生活をされている方

 

この機会に自分自身を見つめ直して、健康な体つくりを目指しましょう。

 

この家から出ない機会をうまく使うために、今日はダイエットについて

 

お話します。

<目次>

1.痩せるための3か条

 ・睡眠
 ・入浴
 ・食事

2.レジスタントスターチ

 ・難消化性デンプン
 ・摂取効果
 ・含まれる食品

3.先回りポイント

 ・体重は一気に落とさない
 ・筋肉をつけながら落とす
 ・呼吸筋を使うように

 

1.痩せるための3か条

<睡眠>

食べるダイエットと書いておきながら、私の考えでは痩せるために

 

一番必要なことは「質の良い睡眠」を取ることです。

 

質の良い睡眠とは90分間隔の睡眠を取れているかどうかです。

 

人は90分かけてノンレム睡眠という深い睡眠状態になります。

 

このノンレム睡眠では成長ホルモンの分泌が促進されます。

 

成長ホルモンには
・疲労回復
・体脂肪減少
・認知機能改善

 

などの効果が得られます。

 

ちゃんと寝るだけで、痩せやすくなるってことですね。

 

質の良い睡眠のとり方は、

たとえば、夜の12時に寝たとします。

 

そこから朝の6時まで一回も起きないとしましょう。

 

そうすると6時間寝ていることになります。

 

6時間は360分なので、これを90分間隔で割ると

 

360÷90=4 と割り切れますね。

 

これで90分間隔の睡眠が上手くとれていることになります。

 

また夜なんども起きてしまう人でも、この90分間隔を守ると

 

疲れ方や起きたときのスッキリ感が違います。

 

あまり良くないのは、1時間や2時間半などの90分間隔ではない時間で

 

目覚めてしまうこと。浅眠といいます。

 

深い睡眠に到達できず、疲労が処理しきれないままで目覚めてしまうので

 

睡眠負債という状態に陥りやすいです。

 

睡眠を取るときは90分間隔を意識してみましょう。

 

1時間半、3時間、4時間半、6時間、7時間半、9時間

 

このあたりの時間数で眠ることができればいいですね。

 

もっと質の高い眠り方についてはまた別の記事で書きます。

 

 

<入浴>

え、まだ食事じゃないの?と思うかもしれません。

 

もうしばしお付き合いください。

 

痩せるたために必要なこと、その2は入浴です。

 

入浴には

  • 基礎代謝を上げる
  • 睡眠の質を上げる
  • 消化作用を促進する

 

などの作用があり、どれも痩せる体を作るには必要なことです。

 

入浴について大事なことは

・温度は40~42℃
・できるだけ食事の前に
・ゆっくりした呼吸でリラックス

 

このポイントを守ることで交感神経から副交感神経への切り替えをスムーズにし

 

その後の食事に対しても非常に効率よく作用します。

 

まず仕事から帰ってきたらお風呂に入る習慣を作ってみてはいかがでしょう?

 

外出後すぐの入浴は細菌やウイルスなどを洗い流してくれますから

 

一石二鳥ですね。

 

 

<食事>

ようやく食事のお話です。

 

ここで紹介するのは主に食べ方です。

 

痩せる食べ方は

  • 空腹を作る
  • 発酵食品を食べる
  • 早起きして水を飲む
  • 食べる頻度を増やす
  • 一度の食べる量を減らす

 

当たり前の話ですが、痩せたいけど

・朝はうどん
・昼はラーメン
・夜はご飯のおかわり3杯

こんな生活をしていたら痩せるはずがありません。

 

痩せたいのであれば、炭水化物の摂取は抑えられるだけ抑えることです。

 

炭水化物を食べるな、とは言いません。

 

毎日の量を減らすことから始めてください。

  

  

2.レジスタントスターチ

軟性消化デンプンと呼ばれており、からだの中で消化されず

 

腸の中を掃除してくれる役割があります。

 

しっかり痩せるためには腸内環境は大事です。

 

このレジスタントスターチを食べたときの効果として

  • 便秘解消
  • 美肌効果
  • 肥満防止
  • 血糖上昇抑制

これらの効果が期待できます。

 

レジスタントスターチが含まれている食品は
・米
・大麦
・小豆
・大豆
・ライ麦
・パスタ
・いんげん豆
・さつまいも
・とうもろこし

 

など一見太りそうな食材とも思われがちです。

 

しかし、これらの食べる量さえ気をつければ本当はカラダに

とても良い食材なんです。

 

3.先回りポイント

最後に効率よく痩せるためのポイントを紹介します。

 

<ポイント1:体重は一気に落とさない>

これは色々なところで言われていることです。

 

ここでもいいます。

 

体重の極端な減少は、脂肪ではなく筋肉が優先的に落ちていってます。

 

筋肉はいくつもの細胞が密に集まってできています。

 

そのため脂肪より筋肉のほうが密度がたかく、筋肉のほうが重いです。

 

ですので筋肉をつけながら少しずつ体重を落としていく必要があります。

 

<ポイント2:筋肉をつけながら落とす>

ここで断念してしまう方も多いと思います。

 

ここでの紹介は筋トレではなく筋肉を日常生活でどう使うか

 

以下の3つだけやってみてください。

  • 大きく動く
  • ゆっくり動く
  • 力を入れるときは息を吐く

これだけです!

 

ゆっくり大きく動くことで、からだの姿勢を保つ単関節筋と

 

からだを動かす二関節筋を使います。

 

まずは筋肉を動かして基礎代謝を上げることに徹しましょう。

 

力を入れるときには息をゆっくり吐くことで
・腹横筋
・腹斜筋郡

が働きお腹周りを引きしめます。

 

まずはこれだけやってみてください。

 

<ポイント3:呼吸筋を使うように>

上で話しましたが、呼吸筋を上手く使うには

 

深く、大きく、長く吐くことです。

 

これにより持続的にお腹の筋肉を働かせることになるので、

 

筋活動が高まり、基礎代謝も上がり、自律神経も活性化します。

 

てみじかに話そうと思った内容なのに長くなってしまいました。

 

きょうはここまで。

 

また次回の記事でお会いしましょう。

見られる人になる3つの心得

Oleksy @OhurtsovによるPixabayからの画像

どうも、サクです。

ようやく、AdSenseがとれました。

そのため、これからは人に見られるブログを作ることに本腰をいれます!

人に見られるブログを作るためには、自分自身が見られるのと同義だと思います。

そこで、今回は人に見られる人になるために、をテーマに

書こうと思います。

<目次>

1.枠がない
2.魅力がある
3.軸がブレない

自分で考えた結果、見られる人はこの3つのキーワードが大事かと思います。

それぞれ、お話します。

1.枠がない

枠がない、とはどういうことなのか。

「枠」とは囲(かこ)いです。囲いがあるとそれ以上外には出れません。

枠があることは何か新しいことを始めるにあたって邪魔になります。

私がいう枠とは、マインドブロックメンタルブロックと呼ばれているものです。

要は、気持ちですね。この気持ちが自分のやりたいことに待ったをかけています。

これのブロックを壊すにはどうしたらよいか。

答えはかんたんで、色々な考え(気持ち)に触れることです。

ここでの考えとは、

  • 読書
  • セミナー
  • 周囲の雑談

この中で、コスパが最強なものは読書です!

値段が安く時間の制限もないので、手軽に始めやすいです。

セミナーなどは、やや高価ですが、資料もあり、記憶に残りやすいです。

周囲の雑談は、じつは意外と重要なんです。

聞き流しもできて、ただ知っている単語は自然と耳に入って来るので、

無意識の中での記憶になります。

無意識の記憶は、回数をこなすと強く記憶に定着します。

ですので、まずは読書をして、さまざまな考えに触れた後に周囲の雑談にも、

気を配ってみると良いと思います。

セミナーはその後でも良いかと思います。

2.魅力がある

魅力とはなにか?ここはすごく考えました。

人によって魅力は違うため、自分が感じる魅力をお伝えします。

自分が魅力を感じる人はこの3つです。

  • 面白い
  • 有言実行
  • ポジティブ

面白い

結局そこか、と思うかもしれませんが、ここです。

ですが、面白いかどうかは人によります。

そこで面白い項目を紹介します。
①話
②行動
③見た目

この3つのうち、1つでも磨くことです。

面白いとは、脳が「心地よい」と思う刺激です。

この刺激は「快刺激」と呼ばれています。

この快刺激によって、後にも話します、脳の報酬系というシステムが働きます。

人の報酬系システムをうまく活用して面白い人になりましょう。

有言実行

この行動は「自分の行動をことばにして、実際にそのように動く」ことです。

この「ことば」にするものは、できる限り細かく、具体的なものがいいです。

具体的な項目として、
期限を決める②目指す名前を出す③今することを言う

私の場合は、3月からWordPressを立ち上げたので
①3月までに
②グーグルアドセンスをとる
③今からブログを書く

これを目標にしたら、2回でAdSenseがとれました!

細かく、具体的に言うことで、いまの問題点が明らかになり、

少しずつ、達成していくことで目標に1歩ずつ近づいていきます。

そして、この目標を決めて、達成することで、

前の項目でも話した、報酬系というシステムが活性化します。

これは別名、「ドーパミンシステム」です。

ドーパミンはからだを動かすのに、必要な神経伝達物質です。

有言実行することで、この神経システムが活性化して、

だんだんと大きな目標に近づいていきます。

気持ちも大事ですが、脳のシステムもうまく活用して、

小さいことでも有言実行していきましょう。

ポジティブ

魅力の最後はポジティブです。

ポジティブな人の周りには、ポジティブな人が集まります。

それはなぜか?

人の動作を見た時に、脳の「前頭前野」「前補足運動野」という部分が働きます。

ここは、ミラーニューロンという神経が存在していて、動作を見ただけで活性化する神経です。

この神経はミラーシステムという、ものまねシステムを作っており、

実際に動いたときと同じように働きます。

ということは、ポジティブな人が近くにいて、ポジティブな発言をしていると、

自分もポジティブな発言をしたように脳が錯覚します。

その行動によって、成果がうまく出ると、、、

そう、「報酬系」ですね。

ポジティブな人のそばでは、報酬系が発生しやすいので、できるだけ、

ポジティブな人の近くにいましょう。

注意点はネガティブも、ポジティブ同様うつりやすいですが、

ネガティブのほうがポジティブに比べて圧倒的にうつりやすいということです。

ですので、出来ることならネガティブな人からは距離を置きましょう。


3.軸がブレない

この軸もいろいろ考えました。軸というのはその人の根幹であり、

そこがブレてしまうと、その人の個性やブランド性が無くなってしまいます。

そこで、軸について考えた結果をまとめました。

  • 土台が頑丈
  • 弾力がある
  • 軸が太い・厚い

土台が頑丈

軸には土台といわれる伸びるために支えるものが大事です。

ここがしっかりしていないと、軸がブレるだけでなく、かんたんに崩れてしまいます。

では頑丈な土台を作るためになにをするか。

・コツコツ土台を作る
・1つづつ土台を積み上げる
・軸を覆う塔をいくつも作る

この3つですね。

土台は何でも良いですが、目標が「軸」なのであれば、

それを支えるものであればいいです。

わたしの場合は、「分かりやすい医療を地域の人に届ける」ことが軸であり、

土台はこのブログや、Twitter、Instagramなどです。

コツコツ土台を作り、それを積み上げたら、

ある程度のところで、並行してもう一つの土台を作っていきます。

わたしは、まずTwitterから始めて、それをまとめるようにブログを書いていきます。

まだ塔と呼べるものはできていませんが、1年かけて小さな塔を作っていくつもりです。

弾力がある

ここでいう、弾力とは「柔軟性」のことです。

軸が柔軟というとよくわかりませんが、目標に向けて柔軟な人とすると、

なんとなく分かりますよね。

もっとも分かりやすく言うと、「フットワークの軽い人」です。

ブレない軸を作る上で、これは本当に大事です。

フットワークをする上で大事なのは、スタートポジションです。

ここがずれていると、練習になりません。

つまり、フットワークには戻る位置が分かっていることが重要です。

どんな意見に触れても、しっかりと自分の目標に戻ってこれるよう、

日々、土台を積み上げ、フットワークを軽くして、軸を作っていきましょう。

軸が太い・厚い

最後の項目はシンプルです。

軸を太く・厚くするためには、
・1分野の知識をまとめる
・各分野の知識をつなぎ合わせる
・アウトプットによる答え合わせ

この3つだけです。

カンタンな例だと
脳のドーパミンについてまとめる➡ドーパミンは腸にもあるので腸について学ぶ➡脳と腸についてまとめる➡ブログやSNSで発信して他者の意見に触れる

これだけです。

自分の中で軸を育てていても強くは育ちません。

雨や風などの強い刺激を受けて成長していきます。

ですので、おそれずアウトプットしましょう!

今日はここまでです。

本日も読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

想いが伝わる!話し方のポイント

どうも、サクです。

今日は話し方にかかわるポイントについてお話しようと思います。

一般の方に向けての話し方のポイントは私以外にもブログに書いている方がいると思います。

今回の対象としては「認知症」の方に向けてです。

<目次>

1.認知症の方に対して
 ・まず傾聴
 ・声は大きく
 ・短い文で切る
2.やってはいけないこと
 ・感情を出す
 ・たたみかける
 ・頑張りましょう

初めに認知症の方へのポイントをお伝えします。

そのあとに、やってはいけない話し方を説明します。

1.認知症の方に対して

・まず傾聴

認知症の方と接するときは、まず話に耳を傾けましょう

話すときは相手優先の話し方を心がけます。

  • 焦らない
  • 急かさない
  • 区切らない

ここを意識して話しましょう。

認知症の方は、新しいものを覚えることが難しくなりますが、

記憶を引き出すことが遅くなるということも知ってください。

ですので、話す時に言いたいことを整理して思い出しながら話します。

そのため、健常な方に比べてとても時間がかかります。

また、自分でも段々と忘れていくことを分かってます。

まず、話すときは聞き手に徹してください。

・声は大きく

歳を重ねてくると、段々と聞こえづらくなってきますが、

一般的に聞こえづらくなるのは高い音からと言われています。

また耳から音が入っても、その刺激が意味として脳で処理される過程に時間を要します。

結果として、聞いてから言葉の意味を理解するまでが長いので、

返答に時間がかかります。

では、ただ大きい声で話せばいいのか?

大きい声で話そうとすると、感情が先行し、結果早口になってしまう傾向があります。

なので、そこにもポイントがあります。

  • 声は1,2m先に届くように
  • 話す速度は吐息を吐くくらい
  • 聞いてほしい単語には抑揚をつける

ここが大事です。

少し先に届くように話すことで、ボリュームと速度は調整できると思います。

後は抑揚ですが、してほしい動作があれば、そこを強調します。

「今から体操をするので立ちましょう」と太字を強調します。

これで立つという動作はインプットされます。

まずは、動作をしてもらい細かいことはその後で説明を足していく形にしましょう。

・短い文で切る

これは文章を書くときにも似ていますね。

1文が長いと私たちでも中々理解できません。

「昨日は、浅草の浅草寺に行って、お参りをした後におみくじを引いて、中吉が出たんですけど、運気が下がらないように厄除けのお守りを買って、帰る途中にお寺の近くの露店で売ってたバナナチョコを食べました。」

ちょっと無理やり作りましたが、もう訳わからないですよね。

これを区切ります。

「昨日は浅草寺に行きました。お参りをした後におみくじを引きました。中吉が出ましたが、念の為、厄除けのお守りを買いました。帰り際に近くの露店でチョコバナナを買いました。」

こんな感じで、短文で区切っていきます。

その歳、文が長くなってしまう単語や接続詞は一緒に切ってしまっても良いと思います。

2.やってはいけないこと

ここでは話す際に気をつけるべきポイントです。

これをやると普通の方でも関係性が悪化しますが、

認知症の方は特に厳禁です。

 ・感情を出す

ついついやってしまいがちなことですね。

何度も、何度も同じ内容を話しているうちに

段々と言葉が荒っぽくなってきます。

高齢者は段々と人の顔の認識が薄くなっていくとされていますが、

一番は感情が読み取りにくくなってくるようです。

その感情とは、「怒り」と「悲しみ」です。

そのため、こちらが荒々しく言ったところで、その感情は伝わりません。

ですので、イライラせず、淡々と伝えましょう。

・たたみかける

これもやりがちですね。

相手が理解していないうちに、話をしていくのは健常な方だとしても

不快なものです。

特に認知症の方は不快な刺激が残りやすく、

その不快なことは良いことよりも記憶に定着します。

ですので、一度関係性が悪くなると、なかなか戻すことが難しくなってしまいます。

そうならないためにも、ゆっくり理解を待って、話ししましょう。

・頑張りましょう

これ、実は自分が結構言ってました。

若年性の方は別ですが、高齢で認知症を発症している方は、

今まで、何かにずっと頑張ってきた方たちです。

そして、話している今も、認知症という症状と戦い頑張っています。

そこに「たたみかけて」はいけません。

不快な刺激として定着してしまいます。

一番効果的な声掛けは、

「いつもと変わらず、元気ですね」

自分はこれが一番変化が少なく、どなたにも不快な刺激となりませんでした。

中には「元気じゃない」と返されてしまいそうですが、いつも

言葉を足すだけで、あなたを気にかけていますよ、ということをアピールします。

このアピールが認知症の方には効果が高いので、使ってみてください。

今日はここまでです。

読んでいただき、ありがとうございました。

また、次回の記事でお会いしましょう。

介護に必要な5つの知識!

どうも、サクです。

今日は、介護に必要な5つの知識をまとめましたのでご紹介します。

目次

1.入院期間は1週間!?
 ・在院日数の減少
 ・病院は治療するところ
2.要介護認定を知る
 ・申請できる条件
 ・要介護認定は7段階
3.ケアマネージャーを味方に
 ・介護プランのスペシャリスト
 ・サービスプラン票のみかた
4.介護に必要なモノとコト
 ・介護に必要なモノ
 ・介護に必要なコト
5.もう自宅では見れない…
 ・限界の前に相談を
 ・少しずつ離れる準備

1.入院期間は1週間!?

・在院日数の減少

現在、病院は在院日数を減少させる傾向にあります。

古いデータですが、これは2014年に厚生労働省が発表した在院日数短縮についてのグラフです。

現在はこの数字よりももっと在院日数が短くなっています。

原因は医療の進歩医療費の削減です。いい面と悪い面の両方がありますね。

しかし、在院日数の減少により、退院調整に間に合っていない医療機関が多くあるのも事実です。

家族は、治療が終わってからの生活に不安を抱えているため、その不安も考慮して、

安全、安心な退院調整をすることが望ましいです。

・病院は治療するところ

これは一般病棟にありがちですが、ケガや病気が治ったら帰りましょう、というもの。

確かに退院は可能ですが、その前に医療者として最低限のバックアップをすることです。

しかし、現状は中々そのような病院がありません。

そこで今から退院までに考えなくてはならない事をお伝えしていきます。

2.要介護認定を知る

・申請できる条件

最近は、だいぶ知られてきましたが、まだまだ広がりとしては薄いのでここでおさらいしましょう。

要介護認定の条件は

  • 65歳以上の方
  • 40~64歳までの特定疾病をもつ方

上の2つの条件であれば、介護保険の認定申請ができます。

※特定疾病がわからない方へ

こちらを参考にしてみてください。

・要介護は7段階

要介護には等級があります。

  • 要支援1
  • 要支援2
  • 要介護1
  • 要介護2
  • 要介護3
  • 要介護4
  • 要介護5

おおまかにはこの7つです。

これに自立を足すと8段階ですが・・・

※自立と判断された場合は認定は受けられません。

また、この介護度によって介護保険で補助される金額が異なりますので、

確認しましょう。

https://www.tyojyu.or.jp/net/kaigo-seido/kaigo-hoken/shikyu-gendo.html
介護保険の支給限度額とは 公益財団法人 長寿科学振興財団 健康長寿ネットより

3.ケアマネージャーを味方に

・介護保険のスペシャリスト

要介護認定を受けると、介護保険サービスが受けられます。

しかし、その介護保険サービスを自分で管理するのは大変ですので、そのために

ケアマネージャーという介護サービスプランのプロがいます。

特に要介護がつくと自分でケアマネージャーを選ぶことが可能ですので、

一度、会ってお話して自分に合うケアマネさんを見つけてみてください。

また、ケアマネさんは基礎資格によって考えかたやプランの組み方に、

やや違いがでます。

※基礎資格:ケアマネをとる前の資格。看護師、介護福祉士、理学療法士など

なので、ケアマネさんが元々何の資格で働いていたのかを

聞いてみるのも良いかもしれません。

・サービスプラン票のみかた

サービスプランを立てるに当たり、このような表を使用します。

介護保険業務支援ソフトCare Motherより引用 https://noesis.dev.co.jp/mother/product/shortstay.php

この表に、いつ、何時に、どんなサービスが入るのかがひと目で分かるようになっています。

4.介護に必要なモノとコト

ここでは、いざ介護をするにあたりなにが必要か、

ということをお伝えします。

・介護に必要なモノ

  • 協力者
  • 福祉用具
  • 本人(被介護者)の意志

介護に必要なモノはこの3つです。

協力者

介護をする時の間違いとして、1人ですることです。

これはよっぽどのことがない限りオススメしません。

家族、兄弟、隣人、友人など可能な限り1人だけで介護する形をとらないようにしましょう。

地域の交流があまりない方は、今からでも遅くはないので、

挨拶などをして、顔を覚えてもらっておきましょう。

福祉用具

これは介護保険サービスで、
 ・購入するもの
 ・レンタルできるもの

に分けられます。

購入するものは、ポータブルトイレやお風呂で使う手すりなど、

肌に直接ふれるものが購入対象として多いです。

あとにも書きますが、部屋で使う手すりなどはレンタルが可能です。

レンタルできるものは非常に多く、車椅子、手すり、段差、杖、スロープなど

購入するものとレンタルするものが知りたい方は、

一覧が載ってるカタログもあるのでケアマネさんに聞いてみてください。

本人の意志

実はここが最重要

なんだかんだ家族が言っても、最終的に介護を受ける本人がどうしたいのか、

ここが一番大事です。

ですので、本人の意志を尊重して、本人にとっても、家族にとっても、

最適なプランを選択しましょう!

・介護に必要なコト

  • リハビリ
  • 要介後認定
  • ケアマネ選定

リハビリ

ここは賛否両論あるかと思いますが言わせてください。

とりあえず、介護サービスに何が良いのかわからない方は、

リハビリデイや、通所リハビリを使ってみましょう。

特に高齢者になると外出の機会が減り、運動機能が落ちていきます。

ですので、迷ったらリハビリを進めます。

ですが、生活に困っている場合は、他のサービスを優先して、

余裕があれば、リハビリも追加しましょう!

ケアマネ選定

これは先ほども伝えましたが、要介後では自分でケアマネさんを

選ばなくてはなりません。

選ぶ基準は

・基礎資格
・事業所の大きさ
・救急対応ができる

この3つがあれば安心できると思います。

要介護認定

ここの解説は、省略します(笑

・早めに申請する
・等級は7段階あり、自立ではサービスは受けられない
・申請は近くの地域包括センターもしくは役所に行く

ここを知っておきましょう!

5.もう自宅ではみれない…

・限界の前に相談を

介護を続けていると、「もう限界」「もうダメかな」などと思うこともあると思います。

ですが、そうなってからでは遅いこともありますので

SOSを早めにください!

だめと思う前に助けを求めてください。

ただ、1人で介護をしていると、ここに気が付きません。

ですので、前に行った協力者が必要になります。

協力者は、介護者にも目を向けてくれることがあるからです。

自分1人では、気が付かない自分の状態をみてくれています。

ですから、だめになる前に話してくださいね。

少し、熱くなりましたが、続いて

・少しずつ離れる準備

前の話に繋がりますが、「もうダメ」と思ったときには

施設」の文字しか頭に浮かびません。

先程言った、本人の意志を聞かないまま話が進んでいってしまうことが

多々あります。

自宅でみる以外のサービスとして

  • お泊まりデイ
  • ショートステイ
  • グループホーム
  • 特別養護老人ホーム

などがあります。

おすすめなのは、デイサービスを利用している方であれば、

泊りができないか聞いてみても良いかもしれません。

また泊まりが可能な事業所を探してもらいましょう。

そこで、少しずつ違う環境に慣れてもらい、

自分はそこで休憩をとるのです。

高齢者の場合は、いきなり慣れない環境に行くと、

認知症の発症が早まってしまう恐れもあります。

ですので、準備はゆっくり、少しずつ進めましょう。

まとめ

  • 在院日数は短い➡早めの準備をしましょう!
  • 要介護認定➡できれば入院中に申請しましょう!
  • ケアマネージャー➡基礎資格を知って、うまく話し合いましょう!
  • 介護に必要なモノ、コト➡協力者とサービスを上手く利用しましょう!
  • 自宅で見れない➡徐々に距離を置くようにしましょう!